前へ
次へ

サービス残業代が請求できるのはいつの分までか

憧れの会社に入社して仕事をするのは、学生などにとっては夢のことかもしれません。
新入社員として配属されると仕事を与えられたりしますが、まず定時に帰る人はいなくて何となく残業をしていたこともあるでしょう。
しかしそのうち本格的に仕事をし出すと本当に忙しくて定時に帰れないときもあります。
労働基準法では1日の労働時間は8時間と決められていて就業規則にそれ以上労働する規則は決められません。
また就業規則の労働時間を超えて労働した時には時間外手当、つまりは残業代が支払われます。
36協定を労使間で結んでおく必要がありますが、その条件を満たしていれば会社側は労働者に残業させることができます。
残業をさせれば残業代を支払わないといけませんが、会社によってはサービス残業をさせて残業代を支払わないところもあるようです。
サービス残業代は一応請求をすることで支払ってもらえますが、法律上は過去2年分しか請求ができません。
それより前に関しては時効となるので注意しましょう。

Page Top