前へ
次へ

サービス残業分の賃金を支払ってもらう方法

サービス残業は残業代の賃金を受けずに働くことを意味します。
18時が終業時間ならその時間ぴったりにタイムカードを打刻して帰れば残業がないので残業代は発生しません。
19時まで仕事をしていたけども、18時に一旦タイムカードを押してその後に仕事をつづける人がいます。
これだとサービス残業の記録がありません。
まず残業の定義ですがあくまでも使用者側が労働者側に労働の依頼をしているのが前提になります。
特に仕事もないのにダラダラと終業時間後も残りそれに対して残業をしたとして残業代を請求してもこれは認められないでしょう。
使用者側がどうしても今日中にこの仕事をしてほしいと言ってきて、それに応じた時が残業になります。
タイムカード上にサービス残業の記録がないとサービス残業の請求は難しくなるでしょう。
サービス残業代の支払いを請求するにはその証拠を労働者側が用意しなければいけません。
残業の記録としてはパソコンのログインやログアウト時間の記録、メールの開封時間の記録、その他その日の時間が分かるものを撮影した写真などでも構いません。

Page Top