前へ
次へ

自転車にも青切符のような仕組みができた

自動車で軽微な法律違反をしたとき、いきなり赤切符を切られることはないかもしれません。
その場で罰金を支払えば済むことがあり、起訴などもされないので前科もつきません。
その状態で同じような軽微な法律違反をすると今度は正真正銘の赤切符になり、場合によっては起訴されて前科が付くことになります。
自転車には免許がないため、かつては危険運転などの法律違反をしたときには即自動車で言うところの赤切符が切られ前科が付く仕組みでした。
軽微な運転でも法律違反なら青切符レベルの対応がないために厳しく取り締まる必要がありました。
自動車でも罰せられない人が自転車で罰せられる可能性がありました。
現在は自転車にも青切符のような仕組みができ、一定の軽微な法律違反でもカウントがされます。
そしてその回数が多くなったときに自転車講習を受けなければならなくなります。
警察の方でもこのカウントをしっかり取り締まろうとしているので、これまでのように口頭注意では済まないかもしれません。

Page Top